ホーム学校情報校長室より > 2018年6月11日

2018.6.11

校長室より 第95号

これはラジオ番組で耳にした話。あるギター職人がビンテージ級のギターを作ろうと長い間努力を重ねてきました。ギターの構造を知り尽くし、上等の材質を使い、塗装にも弦にも工夫を凝らしても、彼のギターは納得のいく音は響きません。失敗と挫折を繰り返し、ようやく秘訣を知ることが出来ました。それは組み立ての手順でした。

囲碁・将棋には定石・定跡があります。これは最善とされる、決まった石の打ち方、決まった駒の指し方をいいます。打つ石、指す駒の手順が大切です。もし定石・定跡をはずした打ち方・指し方をすれば、一般的に対局の形勢は不利になってしまいます。手順の1つのズレが致命的になります。

手順は日常生活にも深く関わっています。大概の人は毎日、やるべき事に優先順位つけて活動しています。手順が正しいとストレスやトラブルは生じません。ところが、計画を立てず思いつきで行動する人、努力している割には良い結果が出ない人、PDCAサイクルを意識しないで取り組む人がいます。このような人は、やるべき事の手順や優先順位にはあまり関心がないようです。あなたはどうでしょうか?

※ビンテージギター: 年代物の高価なギター
※PDCAサイクル: 計画→実行→評価→改善の繰り返し


« 新しい記事へ | 校長室より一覧 | 過去の記事へ »

ページ先頭へ