ホーム学校情報校長室より > 2017年9月20日

2017.9.20

校長室より 第91号

2年前の秋、短期の女子留学生を受け入れました。彼女はマレーシア人。

本校生徒が修学旅行でマレーシアを訪れていたこともあり、彼女はすぐにクラスに打ち解けて有意義な時間を過ごすことができました。また本校生徒にとっても、留学生と英語でコミュニケーションをとるなどして貴重な経験となりました。

お別れの日、何が一番印象的でしたかと質問すると、彼女は木々の紅葉と即答。紅葉の美しさを絶賛していました。マレーシアは高温多湿の熱帯雨林気候で、気温の年変化が殆どない国。直接紅葉を見て感動したのでしょう。

秋の紅葉は私たちには見慣れたもの。しかし紅葉のない国の人には驚きであり賞賛の対象になります。身近にあるために、その良さや価値に気づかないのです。ほかにも例を挙げれば、日本のマンガやアニメ、盆栽、日本料理、もったいない精神、おもてなしの心など。海外で高く評価されているものが沢山あります。

このことは国のレベルだけでなく個人についても当てはまります。自分自身について普通のことと思っていることが、他人の目には強みや長所として映ることがあります。その普通のこととは、性格や習慣、言動、考え方、生き方なども含まれます。

もし、あなたが前向きに、学校生活をより良くしようと努めているのであれば、あなたのその姿勢や取組は周りからは輝く存在に見えることと思います。自分らしさを大切にして頑張りましょう。


« 新しい記事へ | 校長室より一覧 | 過去の記事へ »

ページ先頭へ