ホーム学校情報校長室より > 2016年11月25日

2016.11.25

校長室より 第85号

 先日、第4回オープンスクール(学校説明会)を開催しました。昨年度の同時期開催と比べると、多くの中学生・保護者から参加をいただきました。感謝です。印象に残ったことは、参加した中学生の本校に対する関心の高さでした。入試内容はもちろんのこと、学校に関する説明も熱心に聴いていました。俗に「話は目で聴く」という表現がありますが、中学生の真剣な眼差しを感じました。

 ネット社会である今日。インターネットを通して、メールやゲーム、買い物、情報入手、銀行取引などが、指一本の操作で可能になっています。人とのやりとりなしで、日常生活を不自由なく送ることができます。しかし、面倒や煩わしさから解放される反面、人とのかかわりが希薄になってしまいます。過度のネット依存は、誤解を招いたり、相手に対する配慮を欠いたり、自己中心の言動に陥るなど、トラブルの原因になりかねません。

 学校生活は教師と生徒とのつながり、生徒と生徒とのつながりをもとに成り立っています。教育は人と人との心の結びつきが大切です。互いを認め合い、評価し合う関係が必要です。そのためにも、相手の顔を見て話を聴く、話をするというコミュニケーションは大事にしたいものです。今回のオープンスクールをとおして、そのことを再認識しました。人の話をきちんと聴くことができる受験生は大歓迎です。


« 新しい記事へ | 校長室より一覧 | 過去の記事へ »

ページ先頭へ